<esselte>(エセルテ) "lever arch file"

06 07, 2013
北欧発のステーショナリーブランド、
<エセルテ>から、ファイルが入荷しております。
なぜ、ファイル??と思われるかもしれませんが、
昔から業務用ぽい雰囲気を持つものにすごく惹かれていて、
このファイルと出会ってからは、整理・整頓が随分と楽しくなりました。

esselte01.jpg

ファイリングをいかに迅速かつ簡単に済ますことが出来るか、
というシンプルな課題を常に追求しているエセルテの自慢の製品です。
書類の出し入れの際に使うレバーアーチ部分は指一本で軽く開閉が出来る仕組みで、
指を挟んだり力を入れてレバーを押したりというような従来の「金具」とは違います。
ファイルした書類をスムースに本棚に納めることができるよう、
表紙がきちんとしまるロッキングシステムでファイルがバラバラと開く心配もありません。
棚からファイルを取り出す際にも、背表紙のリングに指を掛けて
簡単に引き出せるようになっています。(公式サイトから引用)

<esselte>(エセルテ)
"lever arch file"
(レバーアーチファイル)
size:H318 x W288 x D52mm / A4
price:¥987
from sweden

leitz.jpg
photo from esselte japan

さて、先述した業務用といえば、
私が愛用するのは、まずはワークウエアやオフィサーシューズなど。
自宅で使うキッチン用品も、柳宗理さんのケトルや片手鍋などには、
業務用の雰囲気が漂います。余り意識していないと思うのですが、
納戸のスチールラックや、フランスの公文書館で使われる収納ボックスもしかり。
これらには、共通する飾り気のない美しさがあるのでしょう。

今回のファイルも1冊より、数冊以上並べると
業務用の雰囲気も出るし、インテリアとしても良いでしょう。
表のタイトルは、自信のある方は手書きで、どうかな〜という方は、
マルタン・マルジェラがよく使う”タイプライターフォント”とか、
ミリタリー物でよく見かける”ステンシル”などがいいのではないでしょうか。

esselteinwallsstockroom.jpg

こちらのphotoは、当店の乱雑なストックルームで使っているファイル。
雑誌に出てくるショールームのようなインテリアで使わなくてもいいと思うのです。
あと、もちろん店舗でも資料整理にヘビーユースしております。


Walls & Bridges(ウォールズ&ブリッジ)
542-0081 大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館ビル#211 >>>map
tel:06-6253-4337 (12:00~20:00)


Blundstone, TUKI, TATAMIZE, sanders, coarse court
William Lennon, jujudhau, KAREN HENRIKSEN, SHOES LIKE POTTERY
dothebag, jabez cliff, tapir


大阪農林会館ビルとは....
取り扱いブランドは.....
通販に関しては....


関連記事
Posted in ITEM(new)
Profile

walls & bridges

Author:walls & bridges


Walls & Bridges
ウォールズ&ブリッジ


実店舗
542-0081
大阪市中央区南船場3-2-6
大阪農林会館ビル#211
open / 12:00 close / 20:00
火曜・不定休

アクセス:
「大阪市営地下鉄」
御堂筋線・心斎橋駅
1番出口から、徒歩6分
長堀鶴見緑地線 / 堺筋線・長堀橋駅
2B番出口から、徒歩6分
>>>map

Tel / 06-6253-4337
Mail walls.211@gmail.com

<online shop>
”Walls_Magasin”


<twitter>
https://twitter.com/walls_osaka

<instagram>
http://instagram.com/walls_osaka

大阪農林会館ビルとは....、

Categories
Archives
Search This Blog
Recent Entries
Links